2008年11月02日

鈴鹿山脈 仙ケ岳 961m



駐車場発soon仙ケ谷soon仙鶏尾根soon仙の石soon仙ヶ岳西峰
 soon小社峠soon仙ケ岳

おヒル様の非活動期を 狙って鈴鹿へこそこそ出かける一家

DSCF1704 sng.JPG

赤・黄・緑と紅葉が始まる鈴鹿山脈 我が家占め!
南鈴鹿は比較的不人気な山が多いように感じる。でも、「鈴鹿の雄山」ったら仙ケ岳だろ と向かう。南鈴鹿の醍醐味、岩尾根が楽しめるので楽しみだ。大石橋手前の駐車スペースに車を停め、用意する。

DSCF1682 sng.JPG 

DSCF1690 sng.JPG

前回来た時は、おヒル様の格好の餌食になってしまったので、スパッツ装着で万全を期す。 10月でもまだまだ怖い。

DSCF1691 sng.JPG

ここいら一帯は、おヒル様騒動時に駆け抜けたので、今回はゆっくり 楽しむことにする。

DSCF1692 sng.JPG

苔が美しいね・・・  写真と撮りながらも注意は肌へ・・・

DSCF1693 sng.JPG

ここを上がったらいよいよ仙鶏尾根へ出るよ 気合入れて上がろう
「あれ? 息子のリュックがない・・・?」

DSCF1696 sng.JPG

「奴のリュックは?」「・・・鎌ヶ岳って鈴鹿の槍だよね」そうか、また妻のリュックに収納されたのか・・・

DSCF1699 sng.JPG

仙鶏尾根に乗り、さすが仙鶏尾根。両手両足を総動員して露岩を乗り越す。それでも荷物を持ってないので、息子は息子の分際で「お父ちゃん、ここ気をつけてね!」などとぬかす。

DSCF1700 sng.JPG

眼下に東名阪自動車道が見える 車の動きも見えるくらいだ

DSCF1707 sng.JPG

東峰の仏の石  手がかりもなにもない いや、仏と名が付く物に、おいそれと登ろうとする根性がダメだ、、と、かるい説教の後、いよいよ西峰だ。

DSCF1708 sng.JPG

西峰 山頂は狭いが、天気も良く おヒル様の襲撃にもあわず、、何の不満もない。

DSCF1713 sng.JPG

宮指路岳が見える。あれに見えるは、犬返しの険ではないか。。。

DSCF1709 sng.JPG

この先、小社峠までは急な下りとなる。転がるように下って、あっという間に 林道へ出る。

DSCF1732 sng.JPG

やっぱり、鈴鹿の山は勉強になるなぁ・・・




ラベル:鈴鹿山脈
posted by Lilium medeoloides at 00:00| 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 登山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。